AKBグループアイドル 芸術的MV まとめ
Free-Photos / Pixabay

 

AKBGのMVには、とてもカッコイイ作品や芸術性を感じる作品が多くあります。

主にCD発売前の宣伝メインのような役割ですが、それだけでは勿体ないので素敵なMVをまとめたいと思います。

(著作権の関係上、動画を掲載できませんのでYoutubeでご覧ください。)

 

スポンサーリンク

欅坂46

ガラスを割れ!  監督 新宮良平さん

世界最速でカメラを動かす最新鋭の機材「BOLT」が使われました。

ロングのMA-1が印象的で、90年代のロックテイストながら、古さを感じさせない作品です。

もはや、アイドルの域を超えています…

 

 

アンビバレント  監督 新宮良平さん

撮影にはバレットタイムが所々で使用されています。

バレットタイムとはSFXの1つで、被写体の周囲にカメラをたくさん並べて、アングルを動かしたい方向に順番に連続撮影していき、被写体の動きはスローモーションで見えるが、カメラワークは高速で移動する映像を撮影する技術です。

Wikipediaより引用

VFXじゃなかったんですね…汗。この作品は特にオススメで、発売される前から動画ヘビーローテーションでした。

 

 

エキセントリック 監督 池田一真さん

池田一真さんは、『サイレントマジョリティー』『世界には愛しかない』『大人は信じてくれない』などの作品も監督されています。

ピアノジャズの曲調で欅坂46の幅広い音楽性に好感がもてます。

角界からの評価の高いMVで、この曲がシングルのメイン楽曲ではないのが、欅坂46の強さを表しています。

 

 

スポンサーリンク

乃木坂46

シンクロニシティ  監督 池田一真さん

 

建築家、三澤文子さんがデザインした木造作品で撮影されました。

偶然の一致を意味する『シンクロニシティ』をダンスや表情、仕草などふとした瞬間、全ての偶然が一致する様子を描いています。

Wikipediaより引用

 

さすが乃木坂46おそるべし…汗。 この作品は特に芸術性を感じていましたが、緻密な計算があるのですなぁ。

スカートが軽めの素材でひらひらと揺れるのが印象的です。男性は本能的に揺れるものを目で追う習性があるようです。

なのでポニーテールやツインテールが好まれたりするわけですね。猫の習性がわかりやすいと思います。

 

インフルエンサー  監督 丸山健志さん

 

乃木坂46史上過去最高の超高速ダンスです。

1度間違えるとやり直しがきかないため、何度も撮りなおしたようで、努力の結晶です。

 

 

命は美しい  監督 井上強さん

 

命や時といったリアリティーの受容をテーマとし、白黒の涙で陰陽をつけ、命に置き換わっていくさまを表現しているようです。

Wikipediaより引用

 

このころは、メンバーに松井玲奈さんがいるのもレアですね。

 

 

スポンサーリンク

AKB48

僕たちは戦わない  監督 大友啓史さん

この作品はショートムービーの雰囲気で、アイドルの格闘シーンも必見です。

監督の大友さんは『龍馬伝』『るろうに剣心』などで有名な映画監督です。

わたしは、アイドルの過酷さを感じた作品です。

 

LOVE TRIP  監督 大野大樹さん

この曲は、わたしが好きなだけです。えへへ。

 

 

NMB48

欲望者  監督 井上強さん

NMB48の楽曲では珍しい暗めの印象ですが、わたしの好きな感じです。

『本当の光は、暗闇の中からしか見えない』というのが、わたしの持論でもあります。

 

 

カモネギックス  監督 平川雄一郎さん

この曲は、わたしが好きなだけパート2です。えへへ。

おもわずエレキギターで高速カッティングを入れたくなる楽曲です。

 

Don't look back  監督 井上強さん

山田菜々さん卒業センターの楽曲ですが、そのサイドを支えるのが山本彩さん、渡辺美優紀さん、柏木由紀さん(兼任)と贅沢なメンツが揃っています。

この項のNMB48が好きでした。

 

 

STU48

暗闇  監督 枝優花さん

愛媛県大三島、伯方島で撮影されたようです。

瀬戸内の叙情的な風景と、まだあか抜けていないメンバーがマッチしてる印象です。

故郷を思い出し、心が少し温かくなる作品です。

センターは瀧野由美子さん。兼任キャプテン岡田奈々さん。

 

 

風を待つ  監督 三石直和さん

広島県尾道市で撮影され、ドローンを使用したワンカット撮影が特徴的な作品です。

コンテンポラリーダンスに挑戦し、メンバーの魅力が伝わります。

2019年2月13日発売です。

2019年のSTU48の活躍に期待しています!!

 

 

これからも、オススメの作品を掲載していきます。

 

 

 

おすすめの記事