【プロフィール】『rockの休日』運営者について

【プロフィール】『rockの休日』運営者について

こんにちは

「rockの休日」で記事を書いてるrockと申します。

Twitterではrock.38のアカウントを使っています。

「rock.38」っていうバンドが海外にいて『商標問題で引っかかるんじゃね?』と思い、当サイトでは「rock」にしています。

ちなみに「rock.38」というバンドには全く興味ありません。すまん。

rockってなんか、かっこつけすぎて逆にダサイ!

Twitterでrock.38って、何て呼んでいいかわからん…汗

ええ、そうです。

見切り発車でブログを初めてしまい、ズルズルとTwitterアカウントのまま続けております。

呼びやすい「ロックさん」とでも覚えてください。

STU48の岩田陽菜ちゃんは「ロックさん♪ロックさん♪」と初見でも呼んでくれました。いい子や…おかし買ってあげよう('ω')ノ

そんな私は、芸能界に片足を突っ込んでいました…

当時の名残もあり、現在も芸能界でお仕事してる友人もおります。

当ブログでエンタメや音楽・アイドルについての記事が多い理由は、僕が芸能活動(少し)していたように、エンタメ系が好きだから

 

遊ぶの大好き

楽しいこと「しか」したくない

仕事も「遊び=ゲーム感覚」で楽しくしたい派

 

ドラクエの職業なら問答無用で「遊び人」にされそうですが

「賢者」の職業になるためには「遊び人」の経験を必要にしてるところがドラクエの素晴らしいところ。

「遊び」って大切

 

そんな僕の趣味、ブログを書き始めた理由について

お笑い・エンタメについて

KlausHausmann / Pixabay

 

お笑い好き

現在は千鳥・サンドウィッチマン・東京ダイナマイト・ロバート・野生爆弾・ハリウッドザコシショウが好きです

最近のテレビ番組の規制は厳しくなりました。昔のテレビ番組はめちゃくちゃだったから…

今のテレビは地方局の方が攻めた内容で、千鳥の番組はオススメです

 

一度は見て欲しい配信番組はAmazonプライムビデオ松本人志の「ドキュメンタル」シリーズ

*下ネタ多いから女の子は気をつけてください、ビックリしちゃうから

 

>>Amazonプライム「AKBグループの動画は見れない?」理由とおすすめ動画

これからは動画サイトで「本当に面白い番組」が配信される時代になるのでしょう

音楽・バンドについて

Free-Photos / Pixabay

 

rock.38の「38」には意味があります

ルパン三世の愛銃、世界で最も美しいとされる拳銃「ワルサーP38」

僕の好きな山本彩さんのリストバンドが「38」ってのも不思議な話だす。

さやか=38ね…「か」は?

「か」はどこいった?

しかも「だす」って言ってない?

STU48の中村舞さんのヤミーズ(受験番号83から)、フリーモデルのリッカさん(8月3日産まれ)

乃木坂46の賀喜遥香さん(8月8日産まれ)

何かと「3」と「8」に出会いの縁を感じます。

    ロックからアイドル?

    オルタナティブロックって「構成的にオーケストラ」と似てて、ドボルザーク・ベートーヴェンも好きになりました。

    シングシングシングやエゴラッピン、ルパン三世の楽曲もジャズっぽいから好き。その影響を受けジャズも聞くようになりました。

    色んな音楽聞いて、最終的に「アイドル」AKBグループにたどり着きました…

     

    音楽好きが、最終的にアイドルにたどり着くのは結構あることのようです。

    音楽好きって「音楽オタク」でもあって、アイドルヲタクと近いものがあるのでは?と思うわけです。

    「アイドル?」って思われるかもしれないけど、彼女達には「rock」を感じます。

    全員とはいわないけど「僕が好きなアイドルの子」ってrockな子です

    「不屈の闘志」みたいな感じ

     

    バンド活動は5年くらいやったけど、音楽業界はそんな甘い世界じゃないです。

    ギターは、アコースティックギターを趣味程度に現在も弾いてます。

    アイドルについて

    vinsky2002 / Pixabay

     

    アイドル好きになったキッカケは初代ぱちんこAKBでした

    パチンコの大当たり中にAKBの楽曲MVが流れるのですが「風は吹いている」でAKBが好きになりました。

    当時のアイドルっぽくない楽曲で興味を持ち、「ネ申すテレビ」なる番組の存在を知り、レンタルで最初からすべて見ました。

    テレビ番組の企画で「一生懸命に頑張る子たちだなー」「感動するな、好きだな」って感じで、それ以来AKBグループが好きです。

    >>動画配信サイト AKBグループ出演番組で比較】おすすめと解説

     

    好きなメンバー

    推しメンってやつです

    僕は握手会に参加したことがなければ、公演にいったこともないです

    「女の子と握手するために列に並んでいる」自分を想像すると顔真っ赤になります。

    他の人を批判する気は毛頭ございません「自分は無理かな」っと。

    公演やライブには、いつか行ってみたいです。

     

    握手会は認知会?

    握手会って握手するだけのものかと思いきや、裏では「認知会」って呼ばれてるらしいです。

    アイドルさんに自分を覚えてもらって、仲良さげな画像をSNSであげてファン同士でマウントの取り合い…(-_-;)

    自分には、ちょっと無理な世界かと思います

     

    アイドルさんにとっても認知(ファンの顔・名前・趣向などを覚える)は重要なようです

    アイドルさんが認知する→ファン喜ぶ→握手会に頻繫に通う→アイドルさんの握手券が売れる→運営からの評価があがる

    以上の感じなので、アイドルさんのなかで認知することに必死の子もいるようです

     

    芸能人が実力(芸事)で評価されないっておかしくないですか?

    だから握手会・握手会商法も好きじゃない。音楽好きな自分からするとCDの扱いが悪いのも腹立ちますし…

     

    なぜAKB48グループ卒業生が卒業後の芸能活動でパッとしないか?

    「人気の仕方を間違ってる」

    握手会人気なんて卒業したら関係ないから…

    (実力で人気した方は、卒業後も華々しい活躍をされてます)

    熱くなって話がそれました。失礼

    話を戻しましょう

     

    ファンクラブの村社会制度

    アイドルのライブには行ってみたいのですが、芸能界得意の囲い込み商法

    「ファンクラブ会員の先行販売」って、ライトなファンはチケットなんて取れないから…

    苦手ですね「村社会的な囲い込み」

    だから、ファンクラブ・メールサービスとかも苦手で会員になる気もしない

    *コロナウイルスの影響でグループが活動出来ないので会員になりました。グッズ購入や配信チャンネル登録して、バックアップしてあげることが目的です。

     

    『アイドルとの距離感』

    僕はライブが妥当な『アイドルの距離感』かなと思います。

    握手会は近すぎて口説きたくなりそうだし(笑)

    だから『アイドルの距離感』って大切

     

    AKB48グループの推しメン

    前置きが長くなりました

    1番好きな推しメンは、卒業されましたが山本彩さんでした

    >>山本彩(NMB48)まとめ ダンスと歌とギターが魅力な彼女の軌跡

     

    人の好みって偏りがあって「同じ美意識ライン」の子を好きになります

    僕は山本彩ラインが好き

    山本彩→太田夢莉・島崎遥香・高橋朱里・岡田奈々→今村美月・中村舞・大谷満里奈→田中美帆・吉崎凜子・原田清花

    これが山本彩ラインです(個人の見解です)

    彩さんをリスペクトしていたり、彩さんと仲が良い子たちは思考・行動が似てる気がします。

    まじめ・一生懸命・プロ意識が高いなど…これが「美意識」

     

    アイドルとファンの関係性を、僕は「美意識の共有」と呼んでいます

    DDと言われるのは心外です。

    僕が応援したい人は「美意識が高いひと」で、可愛ければ誰でもいい訳ではありません。

     

    「アイドルやってます~♪てへぺろ」って子は苦手

    『アイドルって完成形でしょ?アーティストからアイドル・偶像になるんでしょ?』って思うから

    アーティスト思考が無い子は応援できません

     

    乃木坂46の魅力について

    乃木坂はグループ的にアーティスト思考が強いから好き

    >>乃木坂46×現代美術家展 【京都 北野天満宮】旅行記2018.11.30良かったです。

    アートでした

    神社仏閣とアイドルは相性いい

    そんな素敵な乃木坂グループなのに「推しメン」はいないです。

    グループ全体でブランディングして、愛にあふれてる感じが好き

    乃木坂46の4期生は、魅力的なメンバーが揃ってます。4期生だけで、アイドルグループ作れそうですね。乃木坂46は強いっす。

    梅澤美波さん・賀喜遥香さん・早川聖来さんを最近好きになりました。

     

    欅坂46の魅力について

    欅坂はrockな雰囲気があり、平手友梨奈さんは圧倒的でした

    菅井友香さん・渡邉理佐さんも好き

     

    坂道系は完成されたアイドルグループですが「良くも悪く」もあります

    完成されてると…『飽きる』

     

    伸びしろがあるのは不完全なグループ

    STU48が今1番面白いグループです…でした。

    当サイトは、数年前に始めました。さすがに、変化のないグループは飽きます 汗。

    AKB48グループは、飽きられてる雰囲気がしますね。

     

    STU48の今後に期待

    STU48は世界初の船上劇場が話題です

    >>STU48船上劇場出航!【2019.4.16 公演初日】とこれからについて

    瀬戸内7県出身メンバーで大半が構成されたグループで、垢抜けていない感じも魅力的です

    ここだけの話、AKB関連って見た目がキャバ嬢みたいになってる子が多いです(キャバ嬢を批判してるのではないです)

    STU48のメンバーは純朴で魅力的な子が多い

    二期研究生も加わり、さらに魅力的なグループになりました

    >>STU48まとめ メンバーと瀬戸内の情景

     

    「一回は船上劇場に行ってみたい…」と思ってましたが、2021年の春頃、STU48号の終了が発表されました。

    STU48に暗雲が迫っているように感じます…

    STU48メンバーは「携帯アプリshowroom」でよく配信してるので、応援してあげてください。

     

    ブログについて

    rawpixel / Pixabay

     

    ブログを書くキッカケはアイドルさんです

    僕は好きなメンバーに対して、当ブログで書いてる内容をTwitterで意見していました。

    でも気づいたんです『メンバーの子…迷惑なんじゃね?』って

    けど、やっぱり悩んでる子が多いのも事実なので、いちファンの考えをまとめてブログにしました。

    ファンの意見を知るのは、お得だと思います。

    「アイドル」とは?

     

    「アイドルとは?」について、考え続けています

    ひとことで「アイドル」といっても

    • アイドル自身にとっての「アイドル」
    • ファンにとっての「アイドル」
    • 運営企業側にとっての「アイドル」
    • 国や地方自治体にとっての「アイドル」

    視点が変われば見方が変わるのが「アイドル」の面白さでもあります

    大前提にあるのは「アイドルはビジネスである」ということ。アイドルビジネスが流行し「地方創生の政治的な役割」になりつつあります。

    「アイドル」は視点で見え方が変わる

    ➀アイドルの人生

    少女の夢を利用した商売の果てに…

    「アイドル業界は飽和状態」であり、世間で活躍できずに芸能界を去るひとも増えています。

    10代の頃に満足な勉強時間もとれずアイドル活動してきた子が、一般社会にすんなり適応できるのか心配です。なので、出来るなら「人気して売れて欲しい」し、夢破れた場合の「アイドルのセカンドキャリア」についての記事も書いています。

    その一方で「アイドルになることが目的」の人もいて、それはそれで良いと思います。過酷なお仕事の印象を受けますが…

     

    ②ファンにとってのアイドル

    ファンにとっての「アイドル」も以前と様子が変わりつつあります。

    アイドル活動するメンバーが増え、アイドルとつながる確率が高くなり「ガチ恋」ファンが増えています。

    ガチ恋の範疇を超え「依存症」や精神疾患の症状のような方もみかけます…みかけますっていうか、僕自身が軽い精神疾患になりました…(-_-;)

    「アイドルにガチ恋のやめかた」「アイドル依存症の改善方法」についての記事は、多くのかたに読まれています。

    それほど深刻な問題なのです

     

    ③運営にとってのアイドル

    運営や企業にとっての「アイドル」はビジネス

    「いかに稼ぐか?」がポイントになり、芸能人の本質である「芸を売る」姿勢が崩れている運営もみかけます。

    「やり方は何でもいいから稼いでこい!」これがアイドルとは思えないですね。

    しかしながら、グループが存続していくためには「お金」が必要なので、運営に感じることも書いています。

    「優秀な経営者は、優秀な政治家でもある」

    国民=ファンに喜ばれるサービスを提供すれば、人気は得られます。お金はあとからついてくることを忘れないで欲しいですね。

    アイドルビジネスのバランスが良いのが「乃木坂46」

    「アイドル自身」「ファン」「運営企業」の3者が幸せになるのが理想的といえます

    2020.5月現在、3者のバランスがとれてるのは「坂道系グループ」なかでも乃木坂46だと思います。

    なぜ乃木坂46が理想的なのか?

    ➀アイドル自身…坂道系グループは「卒業後も事務所で活動すること」が保証されています。

    もちろん、個人の選択で引退や契約違反による解雇も存在します。卒業後も事務所での活動が保証されていると、グループ在籍中にメンバー間の無駄な対立の必要がありません。だから乃木坂メンバーは仲良しの印象です。

    *AKBグループでは「NMB48」も同じ印象です

     

    ②ファンにとって…乃木坂46は「プロアイドル」といわれています。ほとんどのメンバーが、個人SNSでの発信を禁止しています。この背景には「ファンとの距離を近づけすぎない」意識を感じます。

    遠い存在の人に「ガチ恋」する確率は低いです。

    「ガチ恋してメンバーとつながりたい!」と思うひとにとっては物足りないかもしれなせんが、この「アイドルとの距離感」こそが大切。

    「アイドルは適度に楽しむ娯楽である」という認識が、ファンも幸せになれるのです。

     

    ③運営企業の方針…坂道系グループは、CD作品としてのクオリティが高いです。

    あくまでも「握手はおまけ」のスタンスに好感がもてます。

    「芸術を売っている」意志を強く感じ、そのためのメンバー育成も熱心です。メンバー育成に力を入れるのは卒業後も面倒をみるためでもあり「良い循環」を感じます。

    良い循環とは
    芸術性の高い作品をめざす→メンバーのスキルアップ→メンバーが人気する→グループが人気する→CDが売れる→芸術性の高い作品をめざす(繰り返し)

     

    メンバーにとっての良い循環
    メンバーのスキルアップ→メンバーが人気する→グループ活動以外での仕事が増える→卒業後の下地が作れる(事務所契約も決まっている)→さらにスキルアップ(最初に戻り繰り返し)
    *1部のメンバーが人気すれば「グループの価値も上がり、他のメンバーのためにもなる」とも考えられます

    アイドルとして活躍し、その後も芸能界で活躍を目指すなら「坂道系グループかNMB48」に加入することをオススメします。

     

    最後に、色々と書きましたが当ブログのアイドルについての記事は

    「アイドルさん自身・ファン・運営企業」の3者が、より良くなることを目標にしています

     

    人生において、自分と関わる人の数って知れてます。

    当ブログで関わった人のお役に立てれば、僕も幸せ

     

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    これからもよろしくお願いします。