アイドルオーディション落ちた…「ショック」と思わないで前向きに考える方法

アイドルオーディションのみならず、何かしらのオーディションで「落選」するとショックを受けると思います。しかしながら「落ちる」という表現に「マイナスのイメージ」があるだけで「選ばれなかった」と考えれば少し前向きになれないでしょうか。

あなたが「輝ける場所は他にある」または「輝くにはまだ早い」と考えてみればいかがでしょう。

AKBグループや坂道系グループなど「大手アイドルグループ」のオーディションで『AKBグループでは選ばれなかったけど、坂道系グループで選ばれた』逆に『坂道系グループでは選ばれなかったけど、AKBグループでは選ばれた』のようなことが多くみられます。

また、年齢的に若く「同じタイプのメンバー」が、グループ内で「先に活躍している」と選ばれないこともあるでしょう。次のオーディションでは「即戦力になれるように芸事を磨いておく」のも1つの方法です。

スポンサーリンク

オーディション落ちた「ショック」な気持ちを切り替える方法

オーディションや試験を受けて『落ちたことがない』なんて人はいません。

現在人気のアイドルメンバーでも「合格続き」となるのはあまりないでしょう。なぜなら、プロデューサー・監督・企業・グループが求めているイメージが「オーディションによって違う」からです。

知名度が高い「乃木坂オーディション」のようなものになれば、合格への道は厳しくなります。つまり、オーディションは不合格の人の方が圧倒的に多く「合格することは奇跡」ともいえます。

奇跡を起こす方法は「続けること」

宝くじでも同様ですが、購入(参加)しないと当選する可能性は0です。

「選ばれなかった」という現実を突きつけられると落ち込んでしまうものですが「合格することは奇跡」と考え気持ちを切り替えてみてはいかがでしょうか。

一方で「アイドルには適性がない」とキッパリあきらめて「違う道へ進む」のも大切です。アイドルのオーディションは「年齢制限」があるので、いつまでも夢を追いかけれないといった点があります。

オーディションで落選した気持ちの切り替え方
グループのイメージに「合わなかった」と捉える
過去のことは振り返らない
全く別のことを考える
現在活躍しているアイドルの下積み時代を知る
あなたの「強み・魅力」を書き出してみる
夢を追うなら「強み・魅力」を強化する

以上の点が、オーディション落ちた「ショック」な気持ちを切り替える方法になります。

「乃木坂オーディション」を例にして解説します。

*オーディション前に「下積みをしておく」「芸を磨いておく」とオーディションで有利かも…

スポンサーリンク

乃木坂オーディション「落ちた」のは準備不足かも

2021年の乃木坂46は「アイドルグループとして最盛期」といえる人気です。

乃木坂46五期生オーディションが開催されましたが「選ばれなかった人」は多いでしょう。先ほどの「気持ちの切り替え方」を用いて前向きに考えてみましょう。

グループのイメージに「合わなかった」と捉える

乃木坂46を筆頭に「坂道系」はグループブラディングがしっかりしています。

乃木坂46は「清楚・上品」櫻坂46は「カッコいい」日向坂46は「明るい・アイドルっぽい」などグループのイメージがあります。

対してAKBグループは「何でもあり」というスタイルで明確なグループカラーがありません。NMB48は「グラビアに特化している」特徴があり、オーディションで選ばれるポイントになるでしょう。

*個人の見解です

以上のように、アイドルグループの特徴とかけ離れている場合「選ばれない」確率は高くなるでしょう。なので、アイドルオーディションに落ちた場合「他のグループで受けてみる」のも1つの方法といえます。

とくに坂道系グループは「スタイルで選んでいる」ともいわれており、身長160㎝前後(以上)が基準になっていそうです。身長160㎝以下のメンバーもいますが「何かしら魅力がある」のは必須となるでしょう。

過去のことは振り返らない

『応募写真を違うものにしていれば…』『面接の時、ああ言えばよかった…』など、過去を振り返ってもオーディションの結果が覆ることはありません。

「失敗は成功のもと」というように、次回に活かせることは「ノートに書き出す」などして活かしましょう。ノートなどに自分の気持ちや考えを書き出すと「気持ちがスッキリする」といった心理効果もあります。

*SNSなどで「落選」したことを発信するのは注意「心が弱っている」ところを狙われる恐れがあります

自分の中で解決して前をむきましょう。過去は変えれないですが「今」を変えると「未来は変わります」

全く別のことを考える

先ほども述べたように「アイドル以外のことを考える」のもいいでしょう。

『乃木坂46グループ以外のアイドルには興味がない!』なら、アイドルになる道はあきらめて「他に興味があること」に打ち込むと気持ちが切り替わります。

また、芸能界に興味があるなら「アイドル」だけではなく「歌手」「俳優」「モデル」などを直接目指すのも1つの方法でしょう。

ご存知かもしれませんが、乃木坂46メンバーには「音楽専門学校」「ダンス専門学校」「劇団に所属」などに在籍していたメンバーが多く「オーディション1発で人気者!」というメンバーは少ないです。

とくに、あなたが「若い世代」なら、歌・ダンス・芝居などで芸事を磨くと将来アイドルオーディションでポイントになるでしょう。

現在活躍しているアイドルの「下積み時代」を知る

乃木坂46の顔として活躍された「白石麻衣さん」

現在はグループを卒業し益々ご活躍されていますが、白石さんは「アイドルオーディションのみ」で成功したわけではありません。

小学6年生のころ「ファッションに対する興味からスタイリスト・モデル」を夢見るようになり、中学時代に「モデルを通じて音楽」が好きになり、高校卒業後「音楽の専門学校」へ進学。担任の先生から勧められ乃木坂46のオーディションを受験しました。

ダンス経験がなかったため、乃木坂46の連日のダンス練習に苦闘し『歌手とは違うものになってしまいそう…』などの悩みを抱えていたようです。

ウイキペディアより引用

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E7%9F%B3%E9%BA%BB%E8%A1%A3

また、現在ミュージシャンとして活躍している「山本彩さん」はNMB48加入前、バンド活動していたのは有名なお話です。

以上のように「トップアイドル」になられたメンバーでも「下積み時代」があり、アイドルオーディション以前に「芸能界に興味がある」ことが1つのポイントになりそうです。

あなたが若い世代なら「歌・ダンス・芝居・モデル」など何かしらに特化して「芸を磨く」とオーディションで選ばれる可能性は高くなるでしょう。

あなたの「強み・魅力」を書き出してみる

今回のオーディションで選ばれず、次回のオーディションを見据えるなら「あなたの武器」を理解しましょう。

アイドルオーディションを受ける人達は「可愛い・綺麗」なので、それ以外の武器(強み・魅力)が望ましいです。

先ほどご紹介した「歌・ダンス・芝居・モデル」など、または「一発芸などのバラエティー要素」でもかまいません。『面白いことなんてできない!』と思いがちですが、可愛い・綺麗な人は普段のイメージと「ギャップのある発言・行動をする」と簡単に笑いがとれます。

例えば、クールな俳優さんが「少し面白いことをする」そんな感じです。もっと分かりやすい例でいえば「ノギザカスキッツ」です。

Huluで見放題なのでチェックしましょう。

『弱さ(苦手なこと)は書き出さなくていいの?』

人によって「苦手なこと」は誰でもありますが、わたしの経験上「苦手なことは改善しにくい」印象です。なぜなら「苦手なことは嫌い」になりやすく改善する努力が続かないからです。

一方で「自分の好きなこと」は、努力してる意識がないほど無意識に努力できます。なので、自分が「得意なこと・強み」をのばすほうが効率的なのです。

乃木坂46の久保史緒里さんは「乃木坂46愛が強い」イメージですが、チアリーダーとして東北ゴールデンイーグルスに所属したりトロンボーンが吹けたり多彩です。賀喜遥香さんの「画力」や早川聖来さんの「バレエ」も魅力です。

夢を追うなら「強み・魅力」を強化する

「自分の強み・魅力」が理解できれば、それらを強化しましょう。

音楽専門学校・ダンス専門学校(スクール)・ボイストレーニング・劇団に入るなど方法は色々あります。身近なものでは、ギター・ピアノなど楽器を練習するのもいいでしょう。

とくに、坂道系グループのオーディションでは「歌唱力」や「声質」がポイントになっている印象です。なぜなら、坂道系グループの母体であるソニーミュージックは「音楽を大切にしている」からです。

乃木坂46メンバーは「歌が上手い・声が可愛い(特徴的な声)」印象が強いです。

また、ソニーミュージックが運営する「音楽専門学校」「劇団」などに所属するのも1つの方法です。自分が経営する学校からスターが誕生したほうがメリットは大きいですから。

ちなみに、乃木坂46四期生「弓木奈於さん」は、ソニーミュージックアーティスツ運営の「劇団ハーベスト」に所属していました。

ソニーミュージックアーティスツでは「頻繫にオーディション」が行われているので、坂道系グループのオーディションのために芸を磨くのもいいでしょう。

*彼女のようなケースを「出来レース」と捉えるのは間違いです。芸能界で活躍するには「芸」が必須なので、事前から努力している人が有利ではあります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「アイドルオーディションを落ちた時、前向きに考える方法」について解説しました。

まず、オーディションで受かることは「奇跡的な確率」であると理解する(落ちて当然くらいの心持ちで挑む)

もし、オーディションで選ばれなくても

グループのイメージに「合わなかった」と捉える
過去のことは振り返らない
全く別のことを考える
現在活躍しているアイドルの下積み時代を知る
あなたの「強み・魅力」を書き出してみる
夢を追うなら「強み・魅力」を強化する

以上のように考えるのが「気持ちを切り替える」ポイントです。

アイドルオーディションには「下積み」や「準備」が必要な面もあり、1発合格するのは「かなりレア」なケースといえるでしょう。

次回のオーディションを目指すなら「今から戦いは始まっている」と理解し準備を進めていきましょう。

一方で「キッパリあきらめる」のも大切だと思います。

おすすめの記事