若い世代に聞いて欲しい、色あせないRockと名曲
Free-Photos / Pixabay

 

「お前さあRockって名乗ってっけど、アイドルのことばっかじゃん?本当にRock語れるの?」

こんな意見がそろそろ出そうなので今回は満を持してRockについて書きたいと思います!燃

それではさっそくオススメのロックバンドはこちら!!

 

スポンサーリンク

BLANKEY JET CITY   (1987~2000)

出ました!キングオブロック!!

浅井健一(ボーカル、ギター)ギターはグレッチ、テネシアンローズ。このギターが似合うのはベンジー(浅井さんの愛称)しかいません。

照井利幸(ベース、ウッドベース)スーパークールな照井さんです。

中村達也(ドラムス) 彼のドラムは歌っているかのような印象です。日本で一二を争う腕まえだと思います。

 

(動画を掲載したいのですが、公式アカウントがなく著作権の問題もあるため、Youtubeでご覧ください。)

SALINGER

ラストアルバム「Harlem Jets」に収録されています。

疾走感溢れるロックナンバーです。

 

ディズニーランドへ

この曲のオープニングのアコギの音色は、欅坂46ファンならあれ?っと思うのではないでしょうか。

ブランキージェットシティーは、欅坂46が好きなかたにオススメです。わたしが、欅坂46が好きな理由もわかるはずです。

 

てか、全曲オススメなので書ききれません 汗。

上記の曲も、オススメの曲も解散ライブDVDに収録されています。

こちらは解散ライブのDVDです。興味があるかたは先にyoutubeでご確認をオススメします。


LAST DANCE [DVD]

このDVDを見ればわかるのですが、わたしも若かりし頃ロン毛に黒の革パンでした 照。

ロックは真夏でも革パンっしょ!と無理して穿いて火傷しそうになったのもいい思い出です。

 

スポンサーリンク

浅井健一

ブランキージェットシティー解散後、ソロで活動中です。

Sexy Stones Records代表取締役社長。

メンバーを変えて音楽を表現しています。

SHERBETS

4人組オルタナティブバンドです。

どちらかというと美しい曲調が多く、人間の内面的な部分をRockでえぐられます。

浅井健一さんの魅力は、ハイテンポの轟音系だけでなく、シャーベッツのように美しい曲調も表現できるところです。

こちらは、シャーベッツの最近発売されたベストアルバムです。

シャーベッツの魅力が溢れる曲ばかりです。


The Very Best of SHERBETS「8色目の虹」(初回生産限定盤)(DVD付)

AJICO

 

ボーカルにUA、ギター浅井健一、ベースにTOKIE、ドラムス椎野恭一と音楽好きなら圧巻のメンバーです。

活動期間は1年のみでしたが美しい作品を残してくれました。

こちらはライブアルバムで、ブランキージェットシティーの曲やUAの曲も披露されてます。

あれから、20年近く経つのか…汗。


AJICO SHOW

 

JUDE

こちらはスリーピースロックバンドです。轟音系のハイテンポのノリがいい曲調が印象的です。

浅井健一(ボーカル、ギター)渡辺圭一(ベース)HETWAVEの2人を軸にドラムスは3人代わっています。

こちらは1stアルバムです。


DIRTY ANIMAL

こちらもYoutubeでご覧になれます。

 

浅井健一&Bad Teacher Kill Club

最近の中で最もオススメしたいバンドです。

浅井健一(ボーカル、ギター)渡辺圭一(ベース)

加藤隆志(ギター)茂木欣一(ドラムス) *2人は東京スカパラダイスオーケストラメンバー

スカパラは色々なジャンルの音楽を演奏してるので、技術力と表現力がすさまじいです。

浅井さんのロックと融合し爆発的にカッコイイナンバーがご覧になれます。

 

 


FRIED RICE - Pocky in Leatherboots Tour FINAL Live at SHIBUYA-AX - [DVD]

スポンサーリンク

the pillows      (1989~)

3人組のオルタナティブバンドです。

山中さわお(ヴォーカル、ギター)ほぼ全ての楽曲の作詞作曲をしており、特にワンフレーズで聴衆の心を打ち抜く作詞は一流です。

楽曲的にはポップやロックまで幅広い印象です。

真鍋吉明(ギター、ミキシング)

佐藤シンイチロウ(ドラムス)

 

親交のあるアーティスト

Mr.Children      thee michelle gun elephant        東京スカパラダイスオーケストラ

BUMP OF CHICKEN  など

 

こちらは25周年のライブの模様が収録されています。


the pillows 25th Anniversary NEVER ENDING STORYDo You Remember The 2nd Movement?2014.04.05 at NIPPON SEINENKAN (Blu-ray Disc)

thee michelle gun elephant     (1991~2003)

一般的にロックとわかりやすいロックバンドでした。

パンクロック、ガレージロック、ブルース、ロカビリーなどの要素も多く取り入れたサウンドが印象的です。

細身のモッズスーツの衣装もカッコ良かったなぁ。

チバユウスケ(ボーカル)

アベフトシ(ギター)

ウエノコウジ(ベース)

クハラカズユキ(ドラムス)

 

 

こんな感じのバンドです。最近はゴリゴリのロックバンドいないですよね…汗。

ロックはダサいものになってしまったのでしょうか?


ギヤ・ブルーズ

GLIM SPANKY

最近のオススメの2人組アーティストです。1960~70年代のロックやブルースを基調にしながらも、独特な世界観でそれらを昇華し幅広い世代からの支持を得ています。

2人の野望は【日本語の楽曲で世界に打って出ること】

 

松尾レミ(ボーカル、ギター) ジャニスジョプリンに似た声も魅力的です。

亀本寛貴(ギター)

 

こんな感じのユニットです。


LOOKING FOR THE MAGIC(初回限定盤)(DVD付)

オススメはこちらの楽曲「褒めろよ」ストレートなロックナンバーです。


褒めろよ

Rockについて書いてみました。特に若い世代で聞いたことがない方は、1度youtubeでご覧ください。

名曲は錆びない
 

おすすめの記事