「STU48が人気する方法」を考えてみる。ファン・運営がすべきこと

STU48をデビュー当時から応援していたのだが、年がたつ毎に「グループのビジネスモデル」に不信感を持ち、2021年5月23日「STU48号の最終コンサート」をもってSTU48から距離をおくことを決めた。

詳しくはこちらをご覧ください

STU48から離れ「乃木坂46」にどっぷりハマってみると、人気グループの魅力的な点を実感した。乃木坂46(坂道系)は強い…強すぎる。

企業的な規模の違いがあるので両者(運営)を比較することはしないが、2021年9月12日にSTU48の二期研究性が昇格されたライブやその後のshowroom配信を見ても「STU48メンバーは魅力的」であり乃木坂46を含む大手の「他のアイドルグループ」に引けを取らない印象を受ける。

なので、いま一度「STU48が人気する方法」を考えてみたいと思った次第です。

スポンサーリンク

STU48は「音楽・MV」に力を入れるべき

先ほど『STU48とその他のグループメンバーの魅力に大差ない』と述べた。ならば「何が理由」でグループ人気の差が生まれているのか?といえば「音楽・MV」だろう。

他にも「メディア露出・グループブランディング・信用」など色々な要素が考えられるが、すべての基本にあるのは「音楽・MV」だと思う。

なぜなら「音楽(CDリリース)」がメディア露出のキッカケであり、「MV」でグループの世界観を表現する=グループブランディングの基になるからだ。STU48デビュー曲「暗闇」では、その辺りがしっかり出来ていたように思う。4thシングルあたりから「歌詞に合っていないMV」になった気がする。

歌詞に合わないMVになると「メッセージ性が無くなる」または「何か違和感を感じたり」下手するとMVが「楽曲の良さ」を壊してしまう。瀬戸内の美しい景色を使用するのはいいのだけれど『結局、何が伝えたいの?』という感じ。そうなると「人の心は動かせない(購買意欲がわかない)」だろう。

また、CD売り上げランキングが「オリコンからビルボード」へ変わりつつあるのも「音楽・MV」に力を入れるべき理由である。

詳しくはこちらをご覧ください

アイドル「CD積む」これからのCDの価値はどうなる?

STU48メンバーには「歌唱力が高い」「ダンスが上手い」「バレエ経験者」「お芝居が上手い」など、音楽・MVで活躍できるスキルを持つメンバーが多くいる。上手く活かすべきではないだろうか。

『STU48の代表曲は何ですか?』という質問に、運営・メンバーやファンは答えられるだろうか。個人的に、最もSTU48らしいと感じる楽曲は「僕たちの春夏秋冬」二期研究生の楽曲である。

代表曲とグループカラーは関係している。あまりにも企業を意識してしまうと、ゲーム音楽のようになり軸がぶれてしまう。

スポンサーリンク

STU48「選抜メンバー」の基準を明確にすべき

STU48を含むAKB48グループの「選抜メンバー」の基準は、握手券(コロナ禍ではお話会)やグッズ売り上げなどによる「人気」であることが多い。

しかしながら、たまに『え?この子が選抜メンバーで、この子が非選抜?」というような人選がある。

メンバーに「選抜の基準」が伝えられているならいいのだけれど、納得いかないメンバーは卒業してしまうだろう。

グループ運営の方針による「ゴリ推し」は、今後のプランと関係してるだろうし批判するつもりはないが「大人の事情」によるゴリ推しは、メンバー・ファンからも不信感を抱かれることになりかねない。

「選抜メンバーの基準を明確にすべき」といっても言えないだろうが「選抜メンバーに異論はない」とファンが感じる人選はすべきであろう。

あと、企業がらみが理由であろうが「センター固定」は飽きる。新鮮さがない。風通しの悪い雰囲気にも感じる。

グループに人気があり「カリスマメンバー」がセンター固定なら話は別だが…

スポンサーリンク

STU48は「showroom配信」を減らすべき?

STU48メンバーは、デビュー後に専用劇場「STU48号」が完成していなかったこともあり「showroom配信」が主なアピールツールであった。その名残もあり、STU48メンバーはshowroom配信に熱心に取り組んでいる。

メンバーとのやり取りが楽しく、時にはカラオケ配信もしてくれて「無料で楽しめる」

一方で、かなり「内輪ネタ」で盛り上がるメンバーもおり、数十人以外の視聴者にとっては「ほとんど意味がわからない」ことがある。メンバーにもよるが、その割合はかなり高い。

運営がSTU48メンバーにshowroom配信による「ファンの囲い込み」の指示を出しているのかもしれないが、デビュー当時から応援している私から見ても『新規ファンは増えないだろうな…』と感じる配信内容の時がある。

STU48メンバーの「showroom配信」は楽しいことも多いので「配信を減らせ!」と断言はできないが「安売り」してしまってる印象もある。

乃木坂46は、showroom配信に大人(運営)が関わり、配信時間を制限して「1つの番組」にしている。この狙いとして「安売りしない」「新規でも楽しめる内容」「時間を浪費しない」ことなどを感じる。

メンバーの雇用環境が違うこともあるので、一概に比較できないがshowroom配信は「量より質」が問われるようになっている。

*STU48メンバーでも頻繫に配信せず、ファンを獲得してる人はいます

また、showroom配信が「メンバーのスキャンダル監視ツール」のような側面もあり、本来の目的(自己アピール)から遠く離れているようにも感じる。変な時代になったもんだ。

現在(2021年)のアイドルは、10年前と比べようがないほど大変(仕事量が多い)になっている気がする。showroom配信でも運営のサポートが必要な時代なのかもしれない。

STU48は「新規ファン」を獲得すべき

STU48を応援してるファンの大半がDD(複数のメンバーを応援しているひと)だ。STU48は「DDで成り立っている」といっても過言ではない。裏を返せば「魅力的なメンバーが多い」ということでもある。

ただ、新規ファンを獲得出来ている雰囲気はあまりない。少数の新規ファンを獲得し、メンバー卒業時に多くのファンを流出している。それでは「ファンが減る」一方だ。

「新規ファンを獲得出来ない理由」と「メンバー卒業時にファン流出の理由」の根源は「ファンの囲い込み」だろう。先ほども少し述べたように、STU48メンバーのshowroom配信は「内輪ネタで盛り上がる」ことが多い。

フラっとshowroom配信を覗いても「何の話をしているかわからない(疎外感)」ことが新規ファンを獲得できない理由の一つだろう。かといって、メンバーも今のファンの相手をしないといけないので「どうしようもない」八方塞がりなのだ。そして「選抜メンバーに選ばれず、報われない日々を過ごす」と卒業してしまうのだ。

メンバーに頼る「新規ファン獲得」ではなく、運営の戦略による施策が必要ではないだろうか。音楽やMV、メディア露出を効果的に企画し「外にグループの魅力を発信」し続けなければならない。

あと、STU48のイベント関連に参加するには「とにかくお金がかかる」

新規ファンには敬遠されるだろう。

*久しぶりにSTU48公式Twitterアカウントを見たが、数か月で数千人フォロワー数が減っていたように感じた。岡田奈々さんの兼任解除が発表され『ますます減るのでは?』と予想される。

しっかり「新規ファン獲得」を意識しないと、1期生の主力人気メンバーが沢山卒業したらSTU48は持たない気がする。

STU48は「企業提携」すべき

STU48から少し距離をとり、乃木坂46にハマって気づいたのは「企業のチカラ」だ。

乃木坂46はSONYの子会社ソニーミュージック関連の企業だが、SONY関連企業の「結びつきと規模の大きさ・効率の良さ・メンバーを大切に育てること」などを実感した。

例えば、SONYの新製品「VLOGCAM ZV-E10」の広告で齋藤飛鳥さんを起用し話題となった。

 


ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM シューティンググリップキット ZV-1G

齋藤飛鳥さんだけでなく、YouTubeでの「乃木坂配信中」でもメンバーがカメラを使用していて『カッコいいカメラだな』と気になっていた。

また、MV制作でもソニーミュージック関連企業やクリエイターが参加しており、坂道系の特徴ともいえる「クオリティーの高いMV」「個人PV」の制作を可能にしている。大きな後ろ盾がないアイドルグループでは、MVなどの映像制作を多数依頼することは難しいのだろうと予想できる。

他にも、YouTubeで人気している「THE FIRST TAKE」に遠藤さくらさんが単独で出演し話題となったが、「THE FIRST TAKE」を運営してるのもソニーミュージック関連ではないかといわれている。

以上のように、企業規模の大きなアイドルグループは「強くなるべくして強くなっている」のだ。

派遣業を主な仕事とする「AKB48グループの運営」で太刀打ちできる相手ではないのだ。

NMB48は坂道系に少し似た企業体質で、レーベルも運営関連企業であり、親会社は吉本興業と大手だ。なので、AKB48グループの中でも1番勢いがある。

長々と述べたが、何を言いたいかというと「派遣業を主な仕事とするAKB48グループの運営」スタイルでは、これからの時代を乗り越えられないということ。

STU48にとって「乃木坂46や坂道系はライバル」ではなく、現在は同じビジネスモデルの「AKB48グループがライバル」になってしまっている。

乃木坂46にハマって応援していると、ファンの間で「他のアイドルグループの話題は出ない」し、運営に対する批判も少ない。運営に多くのファンがお願いするとライブを配信でしてくれたりするのだ。サービス精神旺盛で乃木坂46運営には本当に感謝するし、感動させられる。

AKB48グループ衰退の理由は、坂道系グループの台頭ではない。AKB48グループ姉妹店増加による「内部崩壊」である。

岡田奈々さんがSTU48兼任解除となりAKB48に戻る。センターを務めるほどの逸材だ。

さあ、STU48はどのように戦う?

STU48は「CM NOW」でブレイクする?

乃木坂46の遠藤さくらさんが表紙で、久しぶりにCM NOWを購入すると偶然にも「今村美月さん・薮下楓さん」も掲載されていた。

『やっぱり、STU48メンバーはCM NOWと相性が良いなぁ』と感じた。

なぜかというと、有名女性ファッション誌の多くは「坂道系メンバー」が専属モデルとして活躍しており、地方アイドルグループの看板では説得力が弱いこと。また、露出度の高い雑誌は「NMB48メンバー」のダイナマイトバディーの領域であることで、水着禁止のSTU48メンバーでは分が悪いことが考えられる。

CM NOWは「ファッション誌」でもなく「過度な露出」雑誌でもない。STU48メンバーの爽やかな印象が映える雑誌だと思う。

STU48ファンは、自分の推しメンが掲載されてなくても雑誌を購入し、付属のアンケートハガキで「STU48メンバーを掲載してほしい」と声をあげるべきだと思う。わたしは地味にそんな活動をしている。


CM NOW (シーエム・ナウ) 2021年9月号

 

STU48は「瀬戸内国際芸術祭」で全力勝負すべし

瀬戸内国際芸術祭は3年に一度開催される「瀬戸内地方」を世界に発信できるチャンスだ。

「芸術」ということもあり、STU48メンバーの格を一気に押し上げるチャンスだろう。次回は「2022年」開催予定である。

2019年に開催された時、雑誌による「瀬戸内国際芸術祭」の販促メンバーとして平手友梨奈さんが選ばれていた。

 


Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2019年 8月号 [アートを巡る夏の旅。]

2022年開催予定の瀬戸内国際芸術祭は、STU48メンバーが販促の主役を務めるべきだ。他のファッション誌や媒体は大手アイドルグループに取られても「瀬戸内」に関する媒体は死守すべきだ。

運営には早めに動いてほしい。

『STU48はどんなグループですか?』に答えられるようになるべし

『STU48はどんなグループですか?』の問いにすぐ答えられるメンバー・運営・ファンはいるだろうか。

STU48メンバーの多くは『瀬戸内の魅力を発信してるグループです』と答えるように思うが…『それ。本当ですか?』と性格の悪いわたしは感じてしまう。

二期生の川又あん奈さんは、デビュー当時からブレずに「瀬戸内地方の魅力」を発信している。他にも、榊美優さんなども瀬戸内の魅力を発信しているが、その他のメンバーは…とはいえ、そんな揚げ足取りをしたい訳ではない。

「特定の地域・商品」をアピールするのがアイドルグループの使命であろうか?

それらをふまえて、もう1度問う。

『STU48はどんなグループですか?』

この問いに答えられないなら「グループとしての特徴」が無い。または、印象が弱いということだ。グループアイデンティティが無いともいえる。

まとめ

今回は「STU48が人気する方法」について考えてみた。

「人気する方法」の多くが運営が行う事柄であり、ファン・メンバー個人ではどうしようもない。

メンバー個人のチカラで人気するなら「グループに所属する必要がない」卒業するタイミングである。

ファンとして出来ることは「雑誌アンケート」などを地道に送る。また、新規ファンが参加しやすいファンコミュニティを形成することが考えられるが、ファンは自分が楽しむことが1番なので、やはり「運営に期待する」しかない。

ただ、運営の顧客は「企業」であり「ファン」ではない。この件については、また別の記事で書きたいと思う。

 


岡田奈々 ファースト写真集 『 飾らない宝石 』

おすすめの記事