アイドルの体調不良が多すぎる

アイドルの体調不良による活動休止や卒業・活動辞退などをよく見かけます。

アイドルの体調不良は「個人的な問題だけではなく、ファンや運営も関係しているのではないか?」と思い、今回は深く考えてみます。

スポンサーリンク

アイドルの体調不良は2パターン

アイドルの体調不良には「ケガや体力的な問題」と「精神的な問題」の2パターンがあります。

ケガや体力的な問題については、理由が明確であり完治するまで療養されるでしょう。

問題は「精神的な体調不良」のケース。アイドルの精神的な体調不良には、ファンの存在が少なからず関係していると思われます。

なぜ、アイドルが精神的に体調不良になるのかを掘り下げてみます。

スポンサーリンク

アイドルが体調不良になる原因とは

アイドルを応援して10年ほど経ちますが、最近の「体調不良による活動休止・活動辞退」の多さは異常です。

体調不良になる原因と時代が関係しており、とくにSNSの進化や発展がアイドルにとって「諸刃の剣」になっているように感じます。

SNSの普及により精神的に疲れる

アイドルが活動していく上でSNSの存在は「必要不可欠なもの」となっています。自分の存在をアピールするのに役立つSNSですが、もちろんデメリットもあります。

アンチと呼ばれる人からの「誹謗中傷」や、ファンの「良かれと思いアドバイスしたこと」が、悪く作用することもあります。

また、Twitter・Instagram・Showroom・メールサービスなどを『更新しなきゃ!』という強迫観念も、精神を疲れさせる原因ではないでしょうか。

SNSで精神的に疲れる原因として「他のメンバーと比較」してしまい「自己嫌悪に陥る」パターンもあります。

理想と現実の差による自己嫌悪

華やかな暮らしや生活を夢見たアイドル生活。しかしながら、現実は毎日SNSの更新、レッスンやライブ・公演。それに対するファンやアンチからの心ないメッセージやアドバイス。

理想と現実の差が大きいだけでなく「他のメンバーが人気すると、他者と比較してしまい自己嫌悪」に陥ります。

*自己嫌悪とは…自分というものが嫌になること。自分をうとましく思う気持ち。

自己嫌悪がひどくなると、最悪「ウツ」になります。鬱病です。

なぜ、そんなことが分かるかというと私がそうなったから。おそらく軽度なものだった(死にかけたけど)こと、また自身で精神的におかしいと気づいたので自力で改善しました。

初期症状や改善方法については、こちらをご覧ください

https://sinrigakusaron.com/utubyou-syokisyoujyou

自己嫌悪って怖いです。

ライブや公演・レッスンなどで忙しい

ライブや公演、それに向けたレッスンなどがあるとアイドルは忙しいです。体力的に疲れた状態で、先ほどのSNSなどの更新もしなくてはなりません。

ライブや公演では、覚えることもたくさんあり「脳が疲れる」と精神的にも疲れます。体力的・精神的に追い込まれると、病む可能性は高くなります。メンバーによっては「休みが満足にとれていない」ように感じる人もいます。

高いパフォーマンスを発揮するために「休日は絶対に必要」でしょう。

労働時間が長いわりに稼げない

アイドルの仕事は、雑誌やテレビなどのメディアに出演したり、ライブや公演などに出演することです。しかしながら、SNSでの販促活動やCD販促イベントにより「仕事とプライベートの境目が無い」メンバーを目にします。

寝る時間以外ずっと仕事の印象。そう考えると労働時間はかなり長いですが、グループの人気により「満足する給料を貰えてない」感じがします。

「お金が少ない」と精神的に追い込まれます。

化粧品やメイク道具・握手会やお話会の衣装・美容費・1人暮らししてる場合は「家賃や生活費」など、アイドルとしての悩みとは別に「生活していく悩み」も抱えることになります。

「稼げない期間」が決まっているなら、まだ頑張れるでしょう。しかしながら、稼げない生活をいつ抜け出せるか分かりません。そんな状況が続くと、精神的に病むのは時間の問題かと思われます。

考える時間が多くなると病む?

公演やライブ、それに向けたレッスン、CD販促イベントなどで忙しい日が続くと、他のことを考える余裕はありません。そんな忙しい時期が終わり「考える時間が増える」と精神的に追い込まれるケースがあります。そのケースで問題なのは「考えても答えがない・答えが出ないこと」を考えてしまうことです。

本来なら「空いた時間で精神的にリフレッシュ」したり「ストレス発散する」のが望ましいのですが、真面目なメンバーほど答えがない悩みを考えてる印象です。

精神的に疲れている時は「すべてを忘れてリフレッシュ」してほしいところです。

スポンサーリンク

アイドルの卒業理由について

アイドルがグループから卒業・活動辞退する理由は複数あります。「前向きな卒業」は良いのですが「体調不良が原因の卒業」は突然やってきますし、悲しいものがあります。

学業や仕事優先のため卒業

メンバーの年齢が「世間一般の進学・就職の年齢時期」と近くなると多い卒業理由です。これは、体調不良が原因ではないので、素直に応援して送り出してあげたいところです。

元アイドルさんに聞いた話では「実は恋愛スキャンダルが原因であったり、純愛であることも…」

*すべてが恋愛が理由では、ありません

とはいえ「どちらにしても元気に卒業される」ので、勘繰らずステキに送り出してあげたいところです。

体調不良のため卒業

先ほどの「アイドルが体調不良になる原因」が理由で卒業されます。

時間もお金もなく食生活が不安定。かさねて、ライブや公演、それに向けたレッスンなどで体力を消耗。さらに、体型維持やダイエットのため食事制限。他にも、SNS更新やアンチに粘着されたり・叩かれたり。ファンのアドバイスの多さにより頭がパンク。ストーカーや熱烈なファンによる説教で、精神的に追い込まれることも…

アイドルの体調不良による卒業や活動辞退は「精神的な体調不良」が多いのではないでしょうか。これには「ファンの存在」が関わってることもあり、ファン側として応援の仕方を考えたいところです。

わたし自身、メンバーが好きすぎて色々なアドバイスをしてしまった経験があります。彼女には、本当に申し訳ないことをしたと思っています(現在も元気に活動されてます)

運営の実力・資金不足による脱退

アイドル運営による「大人の事情」ですべてが終わる(解散など)こともあります。

運営に明確な利益構造や、メンバーを効率的に売り出すマーケティング戦略、グループとして人気するロジックが無い場合、メンバーたちがいくら頑張っても人気することはないでしょう。これは、ブラック飲食店で説明できます。

ブラック企業の飲食店は「社員の労働時間や休日が犠牲」となり利益を得ています。逆にいうと「社員が犠牲にならないと利益が出ない」ということです。

社員が犠牲になるとは、長い労働時間働かせて残業代を支払わない(人件費が必要ない)という感じ。そんな企業には「他社に勝てる商品力や経営戦略がほとんど無い」といえます。企業に戦略が無い場合、その業界で生き残るのは厳しいでしょう。そして、社員は順番に辞めていき倒産します。

「アイドル運営への不信感」「グループの将来が不安」「ストーカーや熱烈なファンの付きまといにも対処してくれない」など、アイドル運営のやり方についていけなくて卒業する方もいるようです。

モチベーション低下による卒業

アイドルのモチベーションの低下は「学業や就職・次のステップのため、体調不良、運営の在り方」と関係してる印象です。

アイドルは「職人」と近い印象があります。

ダンスや歌唱力、舞台やモデルとしての表現力、バラエティー対応力など、自分の将来に関係する適したスキルを身につける必要があります。

スキルを身につけるには「モチベーション」が必須。モチベーションを維持するためには「明確な目標」も必要でしょう。それは「目の前の仕事や課題を頑張る」でもいいのですが、モチベーションが低くなると卒業してしまうことが多い印象です。

アイドルが体調不良にならない方法

アイドルが「精神的に体調不良にならない」ようにするためには防御策が必要です。精神的に安定してるメンバーがお話されていたことを交えながら、お伝えします。

「SNSとのつきあい方」を決める

アイドルの中には「絶対にエゴサしない」など独自のルールを決めてる方がいます。それは、アイドルの精神的な健康を保つ点で、非常に有効だと思います。

他にも

  • 移動中の時間を使ってTwitterや Instagramなどを更新する
  • Showroomを毎日配信しない
  • 休みの日は「スマホを見ない・使わない」など…

SNSとの付きあい方は、精神的な健康を保つ点で重要です。また「疲れている時はSNSを使用しない」のも効果的です。

ファンの立場でSNSを推しメンに使用する場合

  • マイナスな情報をアップしない
  • 過度なアドバイスをしない
  • Showroomのコメントに気をつける
  • 基本的にメンバーが嫌がることはしないなどの姿勢が求められます。

他にも「体型についてふれる」のはタブーです。これは「太ったや丸い」という表現だけではなく「細いや痩せた」なども同様のようです。なぜなら「自分の体型に関しては、本人が1番分かっている」からです。何気ないコメントのせいで、過食症や拒食症になるメンバーもいるので、とてもデリケートな問題です。

食生活や睡眠時間をしっかりとる

体力的・精神的な疲労回復に効果的なのは「睡眠」です。精神的に追い込まれると寝付きが悪くなり「睡眠不足」となったり悪循環に発展しやすくなります。

寝付きをよくするには

  • お風呂にゆっくり入る
  • 寝る時に「丹田呼吸法」をして自律神経を整える
  • 考えても答えが出ないことを考えない、などを試してください。

*寝つきが悪いからと「睡眠薬」に頼るのは、慢性的に服用するようになるので危険です。丹田呼吸法は「寝つきが良くなる」だけでなく、緊張の緩和や精神的に疲れたり、イライラした時にも活躍します。わたしも実際に使っています。

丹田呼吸法のやり方
丹田とは「おへその少し下」の部分です。
他のサイトでは、座ったり立ったりして行う説明が多いですが、寝つきをよくするには「お布団に入り寝る前にする」のが効果的です。

「丹田呼吸法のやり方」
➀まず、おへそ下の丹田に手をあて、意識を集中します
②鼻からゆっくり5秒くらいで息を吸い、丹田を意識しながら口からゆっくりと10秒くらいで息を吐きます
*息を吐くときに、丹田に力が入るようなイメージでゆっくりと吐きます

上記のことを10~20回ほど繰り返すと精神的に落ち着くのを実感できます。是非試してください。

食生活においても「無理なダイエットはしない」「しっかり食べて動いて痩せる」など、食事は大切にしたいところです。

「食事と睡眠」は人間の生理的欲求です。アイドル以前に「人として生活する」のに重要なことがらです。

ファンの立場でも同様です。

最近は「アイドルにガチ恋」して精神的に疲れ、睡眠障害を引き起こすファンの人がいます。いますっていうか、私がなりました…汗。しっかりと健康管理して、健全に推しメンを応援したいところです。

アイドルに「ガチ恋」でつらい方はこちらをご覧ください

メンバーや先輩に相談する

アイドルが肉体的・精神的につらい状況を救うのは「同じグループのメンバーや先輩」のことが多いようです。

メンバーや先輩に相談するためには「普段の人付き合い」が重要になります。グループ内でファンの取り合いをしてる様子を見かけますが、それではグループとして活動してる意味が感じられません。

あくまで「新規ファンを獲得していくべき」でしょう。同じグループのメンバーや先輩とは「良好な人間関係」を築いて、助け合うのが理想です。また、運営は「メンバー同士で争うことがない環境を準備する」必要があります。

ファンの立場からすると『〇〇ちゃんに推し変する!』や「Showroom配信中に他のメンバーの話題を出す」のは避けたいところです。推しメンが対象メンバーを意識して自分と比較し始めると、自己嫌悪に陥る危険性があるからです。

また、Showroom配信中に他のメンバーの名前を出されても「反応に困る」「ファンよりメンバーの方が、対象メンバーのことを熟知している」などの理由もあります。

ファンの意見を全部取り入れない

推しメンは1人の人間ですが、ファンは多くの人が存在します。各ファンには「理想のアイドル像」があるのでしょうが、すべてのファンの意見を取り入れることは不可能です。

真面目なアイドルさんは「真摯にすべてのファンと向き合おう」としている印象を受けます。そして、最終的に自分自身が壊れてしまうのです。

ファンの意見だけでなく、基本的に「自分が良いと思うこと以外は切り捨てる」べきでしょう。それが個性であり、メンバーの魅力だと思います。

ファンの意見よりも「自分のなかで、自分の力のみで解決できること」を小さな目標にするのがオススメです。小さな成功体験の連続は「自信につながる」からです。また、「ファンを増やしたい・減らしたくない」などの理由で、顔色をうかがうのも良くありません。なぜなら、人が他人を変えることは難しいからです。

自分の信じる道を貫き、自分らしいアイドルになってください。

ファンの立場では「推しメンに対して過度なアドバイスは、推しメンの心労につながる恐れがある」と理解したいところです。

逃げ道を作っておく

アイドルの逃げ道とは『次〇〇になったら辞めよう』のような、明確な撤退ラインを設定することです。心持ちが楽になります。

また、休みの日は「アイドルやグループ、仕事について考えないようにしよう」や「没頭できる趣味を持つこと」も精神的な逃げ道になります。

メンバー同士で遊ぶのもいいと思いますが「アイドルや仕事の話になりがち」なのではないでしょうか。たまには、完全にオフして精神的にリフレッシュするのがいいでしょう。

ファンの立場として、メンバーがおそらく休日の場合は「あまりプライベートを詮索しない」ことが望ましいです。気になる気持ちも理解できますが、それが推しメンにとってストレスになる可能性が高いからです。

メンバーが楽しい時間や美しいダンス、歌唱力などを提供してくれるのは「あくまでビジネス」です。

わたし達ファンも、アイドルを応援するだけでなく「他に楽しむ趣味を持つ」と気持ちが分散され、豊かな毎日を送れます。のめり込みには注意したいところです。

楽観的に考える

「アイドルとはこうあるべき」と、ファンや運営などの意見により、人格を縛られると窮屈で生きにくくなります。

『アイドルとして振る舞わないと、ファンが減る…』などが心配で、元の性格とかけ離れたキャラを演じる人もいますが、最終的にボロが出て素の部分が出てしまったり、精神的な苦痛から自分自身が病んでしまう人もいます。

「自分のスタイルが好まれない人は切り捨てる」くらいの楽観的な考え方でいいと思います。人の好みは十人十色で、万人に愛されるアイドルや芸能人は、かなりレアだからです。

体調不良になるアイドルの特徴として「真面目な人」が多い気がします。真面目すぎるかたは、もう少し楽観的に考えてみてはいかがでしょうか。

ファンの立場から「自分の理想を推しメンに押し付ける」のは間違いです。例えるなら、あなたが好きな神社に参拝し『この神社は、こうあるべきだろ!』と言ってるようなもんです。気に入らなければ「自分の好みにあう神社」に参拝すればいいだけです。

また、推しメンの「少し残念な部分」を愛おしく想えるのが、本当のファンのような気もします。

「自分が嫌なこと」はハッキリと言う

ファンがSNSで拡散したり、Twitterへのリプ返、InstagramのDMや、Showroomのコメントやルールについても、メンバーが「自分が嫌だと感じること」は、ハッキリいうべきです。これをハッキリしておかないと、ファンの立場としても「ノリでいってるのか、本音なのか?」わからないからです。

アイドルは「アイドルの存在がすべて」でありルールです。

先ほども述べましたが、それでファンが多少減ろうが新たなファンはつきます。

この点も「心優しい真面目なタイプのアイドルさん」は、ハッキリ言えず、ますます状況が悪くなる時があります。

まとめ

今回は「アイドルの体調不良」について考えてみました。

アイドルで「精神的な理由から体調不良になるかたは、真面目で優しい人」が多い印象です。この辺りが、ファンとしては、もどかしく感じるところであります。

ファンの行動や言動が「メンバーの体調不良の原因になる」こともあり、ファンの在り方も問われます。

アイドルグループ運営におかれましては、彼女たちが健全に活動できる環境を整えるとともに、利益構造の確立やマーケティング戦略による効率的な売り出し方を考えてほしいところです。

メンバー、ファン、運営ともに健全な活動ができるのが理想です。

また、何かあれば追記します。

長々と最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

おすすめの記事