山本彩 Zepp Nagoya Tour2019 ライブの魅力と評判これからについて
Free-Photos / Pixabay

4月25日「名古屋Zeppで開催された山本彩さんのライブ」に行ってきました。

今回は【旅行記第2弾】です。

前回は京都の乃木坂46コラボアート展でした。

今回も、弾丸日帰りで名古屋に行って来ました。

せっかく名古屋に来たので「名物料理ひつまぶし」を食べたい!

名古屋の名店「しら河」さんでいただきました。

最後のダシ汁とパリっと焼けたうなぎの相性が素晴らしい一品でした。

スポンサーリンク

山本彩ライブ Zepp Nagoya 2019.4.25

本日のライブ会場となるZepp名古屋は【JR線、近鉄線の名古屋駅から近く】徒歩で行ける距離で助かります。

到着したのは14時くらいでしたが、すでに山本彩さんのグッズを購入しようと列が出来ていました…相変わらずすごい人気だ 汗。

わたしはとりあえずライブ会場を確認して名古屋を散策しました。

山本彩さんライブ開場後の様子

前方で見たい方はファンクラブ入会をオススメ》

ファンクラブに入ってる方々は「前売りでチケットを購入」してるようで整理番号も前半の数字の印象でした。

わたしは一般販売で購入したので入場は後の方でした。

なるべく「前方でライブを観たい!」かたはファンクラブに入会するのがオススメです。

こちらからご覧になれグッズも購入できます。

《Sayaka Yamamoto Fan Club》

開場後、わたしも【パーカー】と【ステッカー】を購入しました。

ステッカーはついつい購入してしまいますよね(笑)

わたしは年齢的に「後方でライブを観れたらいいや」と思っていましたが同じ考えの方も多く、最後部がうまっているという状況でした 汗。

後方でしたが思っていた以上に「ステージと近く」よく見えました。

山本彩さんのファンの皆さんは「優しくマナーの良い人たち」のようで「隙あらば前方に行ってやろう!」というガツガツした人はいませんでした。

若い子達は、なるべく前方でライブを盛り上げてあげた方がいいかもしれません。

山本彩さんライブスタートした後の様子

マフラータオルが活躍する

ライブのセットリストなどはネタバレになるのでふせておきます。

グッズのマフラータオルは買った方がいい

ライブ中に使う場面があり、金銭的に余裕があるならタオルは購入したほうがいいです。

純粋に「熱気でかなり汗をかく」という理由もあります。

山本彩さんライブのお客さんの年齢層について

今回のライブのお客さんの年齢層は「20代が4割、30代以上が6割」の印象でした。

もっと「30代以上が多い」と思っていましたが若い子達もけっこういました。

スタンディングライブは私の年齢的(40代)にキツく「なるべく若い子達」に彼女のライブを観に行って欲しいと思います。

その方がライブが「より盛り上がり」そうです。

スポンサーリンク

山本彩さんライブの感想

山本彩さんのファンは優しい

さきほども書きましたが「スタンディングライブでこれほどマナーの良いライブ」に参加した事はありません。

普通のスタンディングライブなら「意地でもステージ近くに行ってやろう!」とする方がいるのですが、そんな様子も見うけられませんでした。

「若い子達や背の低い女性」はステージ近くに行かせてあげたかったですが…

山本彩さんはやっぱり歌が上手い

生歌をはじめて聞きましたがCDに収録されてる様な歌声でブレがありませんでした。

山本彩さんの歌の上手さに気づいたのはアイドル時代の「10クローネとパン」という曲。

その当時は彩さんの存在も知らなかったのですが「やたら歌上手いメンバーがいるぞ!」と調べていくうちに彼女にハマルきっかけとなりました。

彼女の歌声は魅力のうちの1つですね。

山本彩さんの歌の魅力

彼女の声は「強く優しい」

山本彩さん自身がNMB48の卒業ライブでいわれていた

『誰かのつらいとき、悲しいときなどに寄り添える曲を作っていきたい』

そんな彼女の想いが曲からも感じられます。

わたし自身、山本彩さんの曲を聴きたくなるのは精神的・体力的につらい時が多いです。

彼女の曲、歌声に癒されます。

スポンサーリンク

山本彩さんライブの魅力

彼女の「歌唱力と表現力が優れている」のは皆さま周知のことかと思います。

アイドル卒業されてますが…可愛いかったです 惚。

いや〜大人気ですね(*´-`)

「喝采」シビれました。大好きです。

最新シングル「イチリンソウ」

山本彩さんにこれから期待すること

2019年になってから彼女はライブにたくさん出演・単独でも開催しています。

ライブは「パフォーマンスや表現の場」

彼女は充分にアイドル時代のキャリアがあるので「表現(歌唱力も)に関してまったく問題ない」と思います。

わたしの個人的な要望は「喝采」の曲のようなバチバチのrockナンバーです。

アイドル時代から「心技体」を兼ね備え「清廉潔白」なイメージが強い山本彩さん…

そんな彼女が「エッジの効いたダーティーなrockナンバー」を歌うとギャップでしびれます。

今回のライブでも1番盛り上がったのは「喝采」だったと思います。

「喝采」の作詞作曲は阿部真央さんですが「山本彩さんが歌う」から成立してる楽曲です。

阿部さんは彩さんの魅力と可能性を引き出してくれました。

もうすぐ新しい時代になる…

更に進化した山本彩さんに期待しています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事