【AKBグループオンラインお話会】情報まとめ
Foundry / Pixabay

新型コロナウイルスの影響で、多くのライブやイベントが開催できません。

AKBグループの握手会も同じように開催できず、代替えとして「オンラインお話会」が開催されています。

今回は、オンラインお話会で失敗しないための情報をまとめました。

スポンサーリンク

「オンラインお話会」当日までに準備すること

メンバーも使用されてる照明は、オンラインお話会で用意したほうが良さそうです。

以前に記事でも書きましたが、特に初めて会う人は用意したいところ。

人は第一印象でイメージが決まります

おすすめの照明・背景などについてはこちらの記事をご覧ください

 

「オンラインお話会」イヤホンマイクも用意しよう

オンラインお話会で「音声トラブル」の情報が多く見られました。

イヤホンマイクを使用すれば、音量が安定しやすいようです。

特別に高額な品を用意する必要はないと思いますが、この先もいつから握手会が開催されるのか目処が立ちません。

少し高音質な物を購入すると将来、他のことでも使えます。

 iPhoneなら、最初から付属のイヤホンマイク付きのが良いとの情報がありました。

*Bluetoothを使用したワイヤレスイヤホンは、電波が途切れたりする恐れがあるので注意が必要です

スポンサーリンク

「オンラインお話会」はグループ毎にアプリが違う?

オンラインお話会で使用するアプリがグループ毎に違うようです。

AKB48は「WithLIVEミーグリ」

キングレコードが採用して、「サステナブル」の振替で使い始めた「WithLIVEミーグリ」

こちらはタブレットもご利用できます。

 

NMB48は「AERU WORLD」

ソニーが採用して、NMBも使い始めた「AERU WORLD」

こちらはWEBアプリなのでダウンロードの必要ありませんが、スマホ限定でタブレットでは利用できません。

 

NGT48は「LINE Face2Face」

株式会社Sproot、LINE株式会社が共同で導入開始する「Face2Face」と顔認証などのシステムを独自に組み合わせたもの。

「スマホのみ」使用可能で、PC・タブレット端末・ガラケーなどは対応していません。

最新バージョンのLINELIVEアプリのダウンロードと、マイチャンネルの作成が必要

 

STU48は「Meet Pass」

STU48は、今までのイベントでzoomを使用していました。

単独のお話会では、株式会社Tixplusによる「Meet Pass」アプリが採用。チケット電子化に取り組んできた企業の強みを活かした特徴があります。

Meet Passの特徴

  • 顔写真による確認やトーク前の本人確認が可能で安全性が高い
  • トーク時間を自動管理できるので、スムーズな進行が可能
  • 通販サイトやファンクラブの会員情報と連携した運営が可能
  • スマホとパソコンで配信可能

 

スマホしか持ってない場合、オンラインお話会前日などに紛失や故障したら大変…

PCやタブレット端末が可能な「お話会」の場合は、家庭用にタブレットを用意し、アプリもダウンロードしておいた方がいいかもしれません。

メンバーの表情も大きな画面で見たいところです(´-`).。oO

 


Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - シルバー

 

スポンサーリンク

「オンラインお話会」で話せる時間は?

オンラインお話券1枚で15秒のようです。

STU、NMBは15秒

AKBのオンラインお話会は10秒との噂もあります。

グループごとに時間の差があるようなので注意しましょう。

 

「オンラインお話会」の認証について

オンラインお話会は、開始時刻の〇〇分前に本人確認の認証する必要があります。

認証をほっておくと催促がくるようです。

しかしながら「本人認証後はカメラから離れることが出来ない」可能性もあるので、トイレなど先にすましておきましょう。

 

「オンラインお話会」ファンの心得

イヤホンがない場合は「スマホの音量を大きめ」にしておかないと時間をロスする

WiFiより4Gの方が安全

剥がしがいないから2人っきり感は強い

(2人っきり感が強いですが別室から監視されており、不適切な言動・行動をした場合、通信を切られるのでご注意を)

枚数が有るならラスト1枚分は余白にしておいた方が悔いは残らない

 

①挨拶は省略

メンバーからは登録した名前が見えてるようです。

本名・顔で認知がある場合、挨拶は省略できそう

 

初めて会う・認知の自信がない場合は、時間が限られてるので「名札などを用意」したほうがいいでしょう。

②繋がったらすぐに話を切り出し内容はコンパクトに

剥がしの流れでの会話が出来ない

 

③メンバー画面に切替わらなかったら即、再読込ボタン

メンバー見れないまま終了の恐れ

 

オンラインお話会は、時間がくるとバッサリ通信を遮断されるので、ご自分である程度展開を組み立てる必要があります。

最後の挨拶まで綺麗におさめたい場合は、まもなく終了から挨拶すると良いでしょう。

オンラインお話会は時間が極めて限られていますので、なるべく多くを伝えたい気持ちが強くなるでしょう。

ですが、ホワイトボードなどで「文字で多くの文章を書いてもメンバーが読んでいるうちに時間が終わってしまう」ので、伝えたいことを事前に考え言葉で伝えるのがいいでしょう。

AKBグループ「オンラインお話会」の感想

 

AKBグループ「オンラインお話会」への不満

オンラインお話会は、つながったと同時にタイマーがカウントされるので、通信環境を整えタイムラグは無くしたいところです。

オンラインお話会は、zoomのほうが安定しやすいのでしょうか…

  • 握手会 と比べて物足りない
  • 並んでいる時にメンバーを見ることが出来ない(これ大事)
  • いきなり始まり、いきなり終わる
  • 非日常でない
  • オタ友と会えない

以上のような声もあります。

オンラインお話会は、握手会とは違う他の文化・サービスと割り切ると楽しめそうです。

オンラインお話会では「ある程度の枚数」がないと直ぐに終了してしまい楽しめないかもしれません。

まとめ

今回は、AKBグループのオンライン「お話会」についての情報を集めてみました。

まだ新しい文化として始まったばかりの「オンラインお話会」

運営側もいまだ手探りなので、これから色々と改善されていくでしょう。

 

個人的には、新型コロナウイルスワクチンが開発されても「オンラインお話会」は残るのでは?と考えています

ワクチンで新型コロナウイルスを完全に根絶できるわけでもなく、運営側に負担が大きい「個別握手会」はなくなり、全国握手会のみになるのではないでしょうか。

将来のことはわかりませんが「今を楽しむ」ことが大事

環境や設備を整え、今を楽しめたらと思います。

 

*これからも追記していきます

おすすめの記事